2024年3月 橋口暢広作陶展

こっくりと艶のある織部釉を自在に操り、独創的な世界感をつくります。

ポップなデザインも多く、贈り物にもおすすめです。

3/1〜3/31

2024年2月 天草唐津十朗窯

唐津・有田の地で研鑽を積まれ、天草陶石の積出港であった小さな入り江、ご自身の故郷に工房を構え、一点物の表情の異なる器を作ります。

染付磁器と土物…不思議に相性の良い、ご夫婦の作品群をご覧ください。  2月25日まで


2024年
1月13日〜29日 備前焼 松岡誠悟 作品展
隕石のような引き出し黒備前など、松の内が開け寒さが極まる頃に、土のエネルギーを感じていただけます。
和食のイメージが強い備前焼ですが、洋食との取り合わせがおしゃれで楽しいおすすめのお使い方です。

12月
九谷焼/波佐見焼 特集展
使いやすく工夫が楽しい人気の産地『波佐見焼』、華やかな絵付けが魅力の『九谷焼』、良質な器の足し算引き算でプチ贅沢なお正月を!
お節でお酒を愉しむ、ワンプレートも各種ご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
11月 美濃焼 早蕨窯展
1〜27日
和次さん、正士さん、大士さんがつくる桃山陶の美濃焼。
魯山人の写しに定評のある和次さん、幾何学模様で洒落たデザインが使いやすいと好評の正士さん。全てイッテンモノの猫が描かれる大士さんの作品にハートを射抜かれるお客様続出!と三者三様の魅力あふれる窯元さんによる作品展でございます。

10月 珠洲焼 木澤孝則作陶展
1〜29日 石川県の能登の焼き物珠洲焼作家の木澤さん。美しいフォルムと、温かみのある黒いろがモダンながらもやり過ぎないおしゃれ感で、お料理と合わせやすい作品群。お客様が使いやすい様に、無釉陶器ですが薄く表面に灰をかけ目止めの役割を施すなど、行き届いた心配りも嬉しい、おしゃれな作品が並びます。